概要


平成15年度 文部科学省科学研究費特定領域研究B

「光メカトロニクス」公開シンポジウム
光でナノテク:原子操作からデータストレージまで

 
 
【領域代表挨拶】
「光メカトロニクス」公開シンポジウムへのお誘い
東北大学大学院工学研究科教授 羽根 一博
 
メカトロニクス技術は我が国の独自先進技術であり,国内主要産業の中核技術の一つでございます。光リソグラフィ装置,光ディスク,プリンタ,光通信用精密機器など日本の得意とする光技術とメカトロニクス技術を組み合わせた領域はこれまで先端技術の基盤を支えております。このような光応用の精密メカトロニクスの分野にブレークスルーをもたらす可能性のある技術が近接場光技術です。レンズを用いる光学系では波長限界のため,分解能は波長の数分の一に制限されます。近接場光技術では,その制限を受けずにナノメートル領域の分解能が得られます。本プロジェクトは,近接場光科学の工学への新しい展開をめざしたものです。超高密度のデータストレージやナノメートルのリソグラフィへなど将来の工業応用も期待できます。近接場技術はナノテクノロジーですので,本技術を工学的に発展させるためには,微細で精密なメカトロニクスを実現する必要があります。このため,半導体微細加工を応用したマイクロマシン技術を導入しています。今回の公開シンポジウムでは,原子分子の観察や操作に関する先端近接場技術から,将来のデータストレージのためのマイクロマシン技術まで幅広い成果を報告いたします。
加えて本分野の関連領域を広く理解いただくために「日経ナノテクノロジー」編集長の黒川氏に招待講演をお願いしております。また,注目されます近接場技術のデータストレージへの展開に関しまして,世界をリードしているスイスのチューリッヒIBM研究所から「ミリピード」プロジェクト研究者の Gotsmann 博士による講演を予定しております。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 
【日時】
平成15年10月27日(月) 10:00〜17:05
 
【場所】
みらいCANホール(日本科学未来館) 東京都江東区青海2-41
 
【参加費】
無料
 
【招待講演者】
「日経ナノテクノロジー」 編集長   黒川 卓
IBM Zurich Research Laboratory,Millipedes プロジェクト研究者 Dr. Bernd Gotsmann
 
【後援(予定)】
社団法人 応用物理学会/社団法人 日本オプトメカトロニクス協会/社団法人 近畿化学協会/社団法人 計測自動制御学会/社団法人 高分子学会/社団法人 精密工学会/社団法人 電気化学会/社団法人 電気学会/社団法人 電子情報通信学会/社団法人 日本化学会/社団法人 日本機械学会/社団法人 日本顕微鏡学会/社団法人 日本非破壊検査協会/社団法人 日本物理学会/社団法人 日本分光学会/社団法人 日本分析化学会/社団法人 レーザー学会/財団法人 光産業技術振興協会/日本組織細胞化学会/日本表面科学会/日本分子生物学会/日本免疫学会/光化学協会/日本生物物理学会/阪大フロンティア研究機構/日本光学会
※内容は予告なく変更になる場合もございます。予めご了承ください。 (平成15年7月22日現在)
 
「光メカトロニクス」公開シンポジウム 光でナノテク:原子操作からデータストレージまで
All rights reserved