プログラム


平成15年度 文部科学省科学研究費特定領域研究B

「光メカトロニクス」公開シンポジウム
光でナノテク:原子操作からデータストレージまで

 
 
日時: 平成15年10月27日(月) 10:00〜17:05
場所: みらいCANホール(日本科学未来館)/東京都江東区青海2丁目41番地
 
領域代表挨拶 (10:00〜10:10)
 司会 東京農工大学 教授 梅田 倫弘
  
10:00〜10:10 「プロジェクトの概要と成果」
東北大学大学院 教授 羽根 一博
  
プロジェクトA 「光ナノ極限加工」 (10:10〜11:50)
 司会 東京農工大学 教授 梅田 倫弘
  
10:10〜10:30 「近接場光を用いた原子偏向器および原子ファネルの開発」
東京工業大学大学院 助教授 伊藤 治彦
  
10:30〜10:50 「近接場光メモリと単一分子光メモリ」
九州大学大学院 教授 入江 正浩
  
10:50〜11:10 「アクチュエータ集積化Bow-tie型近接場プローブ」
東北大学大学院 助教授 小野 崇人
  
11:10〜11:30 「立体的なシリコンマイクロマシニングと集積化技術」
東北大学大学院 教授 羽根 一博
  
11:30〜11:40質疑応答
  
招待講演1 (11:40〜12:20)
 司会 東北大学大学院 教授 羽根 一博
  
11:40〜12:20 "A High Capacity Thermomechanical Data Storage System Using Arrays of Microcantilevers with Polymer Media"
IBM Zurich Research Laboratory,Millipedes プロジェクト研究者 Dr. Bernd Gotsmann
  
12:20〜13:40昼食 (80分)
  
招待講演2 (13:40〜14:20)
 司会 東北大学大学院 教授 羽根 一博
  
13:40〜14:20「ナノテクが創る新産業」
『日経ナノテクノロジー』編集長 黒川  卓
  
プロジェクトB 「ナノ構造と光計測」 (14:20?15:30)
 司会 東京大学大学院 助教授 川勝 英樹
  
14:20〜14:40 「複屈折近接場光学顕微鏡によるマイクロ応力分布の観測」
東京農工大学 教授 梅田 倫弘
  
14:40〜15:00 「チップ増強近接場ラマン分光による分子センシング・イメージング」
大阪大学大学院 助教授 井上 康志
  
15:00〜15:20 「原子間力近接場光学顕微鏡によるニア原子分解能の達成」
大阪大学大学院 教授  菅原 康弘
  
15:20〜15:30質疑応答
  
15:30〜15:45休憩(15分)
  
プロジェクトC 「ナノ構造と制御」 (15:45〜17:05)
 司会 大阪大学大学院 教授 菅原 康弘
  
15:45〜16:05 「百万本のカンチレバーと200MHzまでの走査型力顕微鏡」
東京大学大学院 助教授 川勝 英樹
  
16:05〜16:20 「光プローブ走査のための集積可能な静電マイクロアクチュエータ」
山口大学 助教授 南  和幸
  
16:20〜16:40 「膜小胞形態変換機構の光ピンセットによる力学的解析」
名古屋大学大学院 教授 宝谷 紘一
  
16:40〜16:55 「ナノ・マイクロマシニングのための新規プラズマエッチングプロセス」
和歌山大学 助教授 伊藤 昌文
  
16:55〜17:05質疑応答
  
  
※内容は予告なく変更になる場合もございます。予めご了承ください。 (平成15年7月22日現在)
 
「光メカトロニクス」公開シンポジウム 光でナノテク:原子操作からデータストレージまで
All rights reserved