クエーサーの内部はどうなっているのか?
マグナム望遠鏡の威力


吉井  譲 (東京大学)

クエーサーは極めて狭い中心領域から莫大なエネルギーを放出している活動銀河です。通常の望遠鏡では空間分解能が足りず、その内部構造を見ることはできませんが、多波長連続観測でエネルギー強度の時間変動を記録すると、その構造を知ることができます。本講演では、マウイ島の口径2mマグナム望遠鏡から得られたこの研究分野の最新成果を報告します。

第18回「大学と科学」公開シンポジウム
All rights reserved