「原子と原子を結ぶ1本の共有結合力を検出する」

長谷川 幸雄 (東京大学)

シリコンの結晶は、シリコン原子が共有結合によって結ばれ周期的に配列したものです。力の検出感度を高めることによって、先端が鋭利なシリコン探針とシリコン表面の間に形成される共有結合1本による力を検出することが出来ました。このことを利用して分解能の高い表面原子像を得ることができます。

第18回「大学と科学」公開シンポジウム
All rights reserved