「DNA・たんぱく質を操作するナノの力」

猪飼  篤 (東京工業大学)

タンパク質やDNA、多糖類、脂質などは生命を維持する分子です。分子は小さなもので人の手でいじることは長い間できませんでしたが、最近は技術の進歩により、一つ一つの分子に触り、これを押したり引いたり動かしたりすることができるようになりました。タンパク質やDNAを餅かゴム紐のように引き伸ばしたり、アンパンのように押しつぶしたりして「一体お前は何なのだ」と問う実験を紹介します。

第18回「大学と科学」公開シンポジウム
All rights reserved