「ナノ構造中の原子を区別して3次元で見る」

西川  治 (金沢工業大学)

原子を直接観察できる電界イオン顕微鏡と質量分析器を組み合わせたアトムプローブは、原子を一つ一つ分析同定し、組成分布を原子レベルの分解能で立体的に表示できる特性があり、その高機能化が進んでいます。何がどこまで分かるのかを紹介します。

第18回「大学と科学」公開シンポジウム
All rights reserved