「タンパク質の引っ張りを計算機で観察する」

岡崎  進 (岡崎国立共同研究機構)

生体分子を機械的にミクロに引っ張ったとき、分子の構造が具体的にどのように変化していくか、ぜひとも知りたいものです。しかしながら、これを実験的に観察することは不可能です。そこで、分子の運動方程式を解く計算機シミュレーションを行い、このときの生体分子のふるまいを直接観察しました。

第18回「大学と科学」公開シンポジウム
All rights reserved